店舗案内
愛知県江南市高屋町清水101番地
愛知県江南市高屋町清水101番地 (名鉄バス「病院線、江南市スポーツセンター」 停留所下車すぐ)
TEL(0587)54-8110
お気軽にお問合せください。
営業時間AM10:00~PM7:00 水曜定休

LINE友達追加LINEからお気軽にお問い合わせください。

店長 ありがとうございます。寝窓工房ユーキ店長田中です。 眠りやインテリアのこと何でもお気軽にお問合せください。お待ちしています!!
店長日記

wtp02睡眠環境寝具指導士 睡眠改善カウンセラー 窓装飾プランナー

店長日記

うれしい差し入れ

 先日、敷寝具と枕をお買い上げのお客様から差し入れを頂きました。
桃花亭の栗きんとん大福
 そのお客様は、長年お使いの敷ふとんから新しいものに替えたいということでご来店されたのですが、事前にお電話で当店で取扱いの敷ふとんのことや、他店で取扱いの商品のこと等いろいろ質問を頂いておりました。
 
 お電話の際にはあまり上手なお答えができなかったのですが、人それぞれ体型が違うので評判だけでは選ばす、実際の商品を確かめないと失敗する可能性があることはお話させていただきました。
 
 実際にご来店された際には、一通りの商品の特徴等をご説明させていただき、ダブルサイズをご希望でしたので、お二人共がっしりした体格ではなかったので、あまり硬いタイプではなくほどよい硬さで厚みもある昭和西川の「ムアツ・スリープスパBASICスタンダードタイプ(長い!)」をご提案させていただきました。
ムアツ・スリープスパ
 現在、健康敷ふとんと呼ばれるマットレスタイプの敷ふとんの中でも、表面が凸凹になっている「プロファイルウレタン」を使った敷ふとんが国内メーカーから様々な種類が販売していますが、昔は西川の「ムアツふとん」しかありませんでした。
その「ムアツふとん」を作っていたのが昭和西川というメーカーで、「ムアツ・スリープスパ」はその正統進化タイプになります。
「ムアツふとん」の販売を開始してから45年も経過しているのですから、凸凹構造が2層になったり、下層部分が防カビ仕様になったりと様々な部分で改良されています。
見た目や構造は他社の最新商品に比べると派手ではないですが、実際に寝た時のきめ細かい点の支え具合が歴史を感じます。
 
 今回は、シリーズ4種類の中でやわらかめのBASICスタンダードタイプをお買い上げいただきました。
また、枕も同じムアツタイプの「ムアツまくらプレミアム」をお買い上げいただきました。
この枕、当店で今オーダーメイド枕に次いで人気のある枕なんです。
モールド(型押し)製法なので、全体になめらかな曲線を描き表面の凸凹が頭部を圧迫せずほどよく支えてくれます。
 
 そして、納品してから3週間程たった頃、他の用事でご来店された際に、
「勧めてくれた敷ふとん、とっても良かったわ、仰向けでも楽に眠れるようになりました。」
という言葉と、お土産で桃花亭の「栗きんとん大福」を頂きました。
お土産もうれしかったのですが、お褒めの言葉を頂いたのがそれ以上にうれしかったです。
愛知県江南市のK様本当にありがとうございました。
 
 今回のお客様には、「ムアツ・スリープスパ」という商品をお買い上げ頂きましたが、体型や身長体重によって最適な硬さや弾力は異なります。
敷寝具や枕をお買い求めの際には、ネットや口コミ、宣伝を完全否定する訳ではありませんが、自分に合った商品を実際に見て、寝てみて比べてみることをお勧めします。
当店では、体型測定と体圧測定と長年の経験であなたに合った枕と敷寝具をご提案致します。
枕や敷ふとんでお悩みの方はお気軽に睡眠環境寝具指導士のいる当店へご相談ください。
 
 頂戴しました桃花亭の「栗きんとん大福」ですが、大福の餡のかわりに栗きんとんと生クリームが入っている季節限定の人気商品で、とっても美味しかったですよ。
桃花亭江南店は当店の南40m位にあります。

ウィンドウコーディネートのジレンマ

 一ヶ月程前の話ですが、名古屋でトーソー株式会社主催の窓装飾プランナーのためのウィンドースタイリング・スキルアップ講座を受講してきました。
ウィンドースタイリング・スキルアップ講座
 内容は、前半はインテリアで使用する布(ファブリック)の歴史や構造、特徴等の解説で、後半は実際のコーディネート例を見ながらの解説という流れでした。
 
前半のファブリックの解説は、寝具でも使用するものも多く、おおよそ頭に入っている内容でしたが、改めて体系付けて学ぶことができました。
後半のコーディネート例は、企画した団体「スタイリングプロ」のコーディネーターが実際に取り組んだ事例をいくつか解説してもらえたのですが、色のバランスや空間の取り方等とても参考になる話を拝聴することができました。

 
アスワンコーディネート例
 こちらは、「スタイリングプロ」さんが国内主要メーカーの生地と、トーソーのカーテンレールや部材を使ってコーディネートした一例で、大阪のアベノハルカスにあるトーソーのショールームに展示してあったものです。
これは、アスワンの生地を使用したものです。北欧のファブリックブランド「フィンレイソン」デザインの生地を使用しています。
明るく元気が出る感じですね。

サンゲツコーディネート例
 こちらは、サンゲツの生地を使用したコーディネート例です。
ターコイズのグラデーションが個人的には大好きです。
フラットですっきりとしたデザインですが、高級感もあります。

川島織物セルコンコーディネート例
 こちらは、川島織物セルコンの生地を使用したコーディネート例です。
大きな半円のスワッグと2段の木製レールのアンシンメトリーな感じが変化を与えていて、落ち着いた生地ながら活動的な感じも受けます。

 
 こういったコーディネート例を見たり聞いたりしていると、いいなぁって思うんです。私もこんな感じに格好良くコーディネートがしたいなぁって思ったりします。
 
 でもねぇ・・・
 
 でもねぇなんです・・・
 
 当店は、カーテン屋(ふとん屋でもありますが)であって、ご来店される方はカーテンを探しに来られる訳なんです。
ですので、我々に求められいるのは、カーテンであったり、ロールスクリーンであったりいわゆる「ウィンドウトリートメント(窓装飾)」であり、壁紙や家具、間取り等は既に決められている中で窓装飾をご提案しなくてはならないんです。
 
 また、実際に住むとなると生活する中での使い勝手や、遮光性、保温性等の実用度、ご予算ということも考えないといけません。
 
 そうなると、どうしても無難なかたちのコーディネートになってしまいます。
あまり窓装飾に関して関心をもたれていないお客様も多いので、無難なコーディネートは決して悪ではありませんが、生活スタイル、家族構成、嗜好が異なるそれぞれの部屋に少しでも個性が入ると、その部屋への愛着度が増すのではないかなとも思います。
 
 窓装飾でお悩みになられているお客様に対しての私のスタンスですが、私個人の嗜好を含むコーディネート例も一例としてお話する場合もありますが、あくまでも住むのはお客様自身なので、お客様のご希望をお伺いして、それに合わせたコーディネート例をいくつかご紹介し、それぞれのメリットデメリットをご説明させてもらいます。
例えば、出入りを良くするベランダ窓にウッドブラインドを取り付けたいというご希望があった場合は、素材感や羽根の回転による調光機能などのメリットもありますが、昇降作業はギア比が軽くしてる分時間がかかるので出入りがし辛いというデメリットもあるということをご説明します。
 
 そんな感じで、セミナーで学ぶ窓装飾と実際に行っている窓装飾の格差を感じているこの頃ですが、できる限り学んできたことを生かしたコーディネートができるようにしたいと努力していきますので、お近くにお住まいでカーテンや窓装飾の疑問、相談がございましたらお気軽に声をかけてください。

 
 

へたったマットレスの延命措置

 以前に書いたブログで「へたったマットレスの上に敷ふとんを敷いても・・・」という記事が、検索に引っかかりやすいのか毎日閲覧記録が残っています。
 
 記事の内容は、へたったベッドマットレスの上に何か敷いもあんまり意味がないよ・・・ということなのですが、閲覧数が多いということはそれだけ悩んでいる方が多いということなのでしょう。
そういう方に、推奨はしませんが、ちょこっとだけ延命措置の方法を紹介します。 
 
 マットレスがへたるのは寝る上の部分なので、そこをどうにかしたいと思えば、マットレスの上に何か硬いものを敷けば良いと考えてしまいますが、それは前述の通りりあまり効果がない場合が多いです。
 
「逆に考えるんだ、上からかぶせるのではなく下から押し上げればいいと考えるんだ。」
 
 へたりがあるということは、その部分の持ち上げる力が衰えているということなので、へたりがある部分を下から押し上げれば、へたった部分のサポート力を多少戻すことができます。
 
 具体的な方法を紹介します。
マットレスでへたりが出る部分は主に仰向けで寝たときの背中とお尻の部分です。
これは、身体の中で出っ張っている部分であるとともに、全体重の背中は33%、お尻は44%を占めている重い部分であることが原因です。
そのへたりを生じている部分の下(マットレスと床板の間)に、クッション性のある厚みのある物を敷けば、表面上はあまり変わらないように思えますが、下からの押し上げでへたった部分の寝心地が変わります。
マットレスのへたり改善
 例えば、こんな風に床板の上に少し大きめのバスマットを背中からお尻にかけての部分に敷いてあげます。
マット類は、弾力と厚み、吸湿発散性に優れていますのでおすすめですが、他にも新聞紙や雑誌とかでも良いかもしれません。
厚みや大きさは、個人差がありますのでいろいろ位置を変えたりして確かめるしかありません。
もし、マットの上に敷くオーバーレイ寝具の購入を検討されているなら、この方法を一度お試しになってください。
 
 しかし、へたりがきているということは、そのマットレスの身体を支えるための寝具という寿命は尽きているということなので、延命措置を施しても劇的な改善にはならないでしょう。
また、10年以上お使いのマットレスということでしたら、マットレス自身も汚れている可能性が高いので、衛生面から見ても買い換えの時期にきていると考えてください。
 
 マットレスのへたりが気になったら、やはり第一に自分の隊形に合ったマットレスへの買い替えをおすすめします。
予算的に厳しい場合は、耐久性に劣ったり、自分に合っていない安いマットレスへの買い替えや、上に敷くオーバーレイ寝具を購入するのではなく、マットレスのへたりに対しての延命処置を施し、しっかり自分の納得できるマットレスを買うために計画的に貯金をしてください。
延命措置を行うのは、買い替えの準備期間と考え、しっかり自分の体型に合ったマットレスお選びください。
 
 寝窓工房ユーキでは、最新の体型測定器と体圧センサーで測定、そのデータをもとに自分に合ったマットレスや敷ふとんをご紹介致します。
お近くの方で、敷寝具や枕でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

羽毛偽装問題について

 先日の朝日新聞をはじめとしたフランス産羽毛の偽装問題について、やはり当店も触れないわけにはいかないのでしょう。

 この報道は、国内羽毛製品に関する業界団体「日本羽毛製品協会(日羽協)」が、国内で流通されているフランス産の羽毛が、実際の輸入量より流通量がはるかに多いので、中国産羽毛等を混入している可能性があるのでそれを是正するように業界向きに通達したという内容で、なぜこんな大事なことを公にしないで業界内で隠そうとするのかケシカランとマスコミが報道したというものです。
 
 怒られるかもしれませんが、よくぞ報道してくれたと思います。
 
 正直、羽毛産地や、品質の偽装、虚偽問題は、やっている業者もいるということは耳にしていましたし、やっていないと採算が合わない価格の商品もちらほら見ることもありました。 
特に最近は、円安や原材料費の高騰で羽毛ふとんの価格も以前より高くなっています。
量販店や、通販の商品は、あまり価格は変わっていないように見えますが、実際は、羽毛のグレードを落としたり、充填量を減らしたり、側生地のグレードを落としたりしているので以前より、同価格でも確実にクオリティは落ちています。
ですので産地偽装をしてでも、安くしたり、いけないことですが利益を出したい業者も当然出てくると思います。

 そのような状況にあっても、以前は日羽協もあまり積極的な対策をとっているようには見えず、業界内仲良し団体に感じられることもありました。
しかし、2年程前に他の業種での産地偽装が連日報道され、それに刺激を受けてか羽毛のかさ高(ダウンパワー)が、基準を満たしていないということで、改善をしなかった数社を実名で告発したり、本腰で業界にしみ込んだ不正が当たり前の風習を是正しようと動き出しています。
今回の、業界内に通達されたフランス産羽毛偽装問題の是正勧告文書も、この動きの一環で行われたもので、もしかしたら朝日新聞が報道しなければ実名で不正業者の公表がされていたかもしれません。
 
 西川各社をはじめ、当店の取引業者に確認したところ、
 
「一部新聞報道で「羽毛ふとん産地表示偽装」に関する報道がございました。
弊社では、羽毛製品について、中小企業等協同組合法に基づく団体である日本羽毛製品協同組合の基準に従い管理された羽毛原料を使用しており、製品の表示は適切に行われていると考えております。
弊社商品につきましては、弊社において厳重な品質管理を行っており、この度報道されているような問題はございませんので、ご安心いただきたくお願い申し上げます。
弊社といたしましては、この度の報道を受けまして、今後も表示の適正化を含めた品質管理を徹底して参ります。
何卒、変わらずのご愛顧を賜ります様お願い申し上げます。」
 
おおよそこのような回答が戻ってきました。
 
 当店としても、羽毛ふとんの中身を取り出して確認することもできませんし、もし取り出してもダックかグースかは拡大すれば分かりますが、アイソトープ検査なりDNA検査なりしないと産地までは特定はできません。
我々ができることとすれば、信用できるメーカーの信頼できる羽毛を使った商品を実際に羽毛のパワーやニオイを確認して、大丈夫と思われる商品を仕入れること位しかできませんし、いままでもそのように仕入れを行ってきました。
 
 新聞やテレビで日本羽毛製品協会の方が出てきたりしてましたが、羽毛ふとんの年間販売数量約320万枚のうち日本羽毛製品協会加盟業者の販売量が90万枚(国産は40万枚)と4分の1シェアしかないそうです。
残りの3分の1の商品に関しては管理するところすらない状態なんです。
皆さんも目にしたことがあるかと思いますが、日本羽毛製品協会加盟業者の羽毛ふとんには(西川各社のように独自表記のメーカーもありますが)ゴールドラベルという羽毛の品質(パワー)を保証するラベルが付いています。
このラベルが一応の羽毛ふとんの品質の判断判断材料になるのですが、このゴールドラベル自体が付いていても偽物だったり、いい加減だったりすることもあります。
ゴールドラベルには必ず裏面に作ったメーカーの名前が印字されています。裏面になにも印字されていない場合はあやしいと思ってください。
メーカーの名前が印字されている商品でも明らかにパワーがなかったりおかしいと思える商品の場合は、日本羽毛製品協会に問い合わせをすれば調べてくれるはずです。
 
 正直我々も、輸入元が偽装をしている場合は、産地を見分けることはできません。
しかし私自身、日本羽毛製品協会の関連団体である寝具全体の業界団体である日本寝具寝装品協会認定の睡眠環境・寝具指導士の資格を取得(2016年春時点で愛知県の専門店で5人取得)し、長年羽毛ふとんを取り扱ってきた経験で、産地は分からなくとも良い商品か悪い商品化は判断できると自負しています。
 
 通販、量販店、専門店で価格は違いますが、その違いは品質の違いで安いものには必ず何かしらの理由があります。
羽毛ふとんをご購入の際は是非、信用のおける寝具専門店で通販ではなく実際の商品を確かめてご購入ください。

横向き寝の枕の高さ

 ゴールデンウィークも半ばを過ぎました。
観光地は賑やかだとは思いますが、当店の前の道路もあまり交通量も多くなく、なんとなく静かな雰囲気です。
もうすこし西の方へ行くと、藤まつりの渋滞で通り抜けも苦労するくらい混雑していますが・・・
  
 そんな連休前半でしたが、母の日が近いからかオーダーメイド枕をお求めのお客様が、江南市をはじめ愛知県一宮市、稲沢市、大口町、扶桑町からお越しいただいております。

 オーダーメイド枕をお求めのお客様には、肩こりや首痛でお悩みの方が多くいらっしゃいます。
オーダーメイド枕は、首から頭部にかけてを無理に圧迫せず、自然な寝姿勢になるような高さに作っていくのですが、特に横向き寝の場合は、首や肩に負担のかからないような高さに調整しないと、肩が圧迫されて肩こりの原因になったり、頭部が落ちてしまい支える首の負担が増えて首痛になる原因になることもあります。

 しかし肩幅(肩と頭部の距離)がある方で、固めや薄めの敷寝具をお使いになられている場合、肩が敷寝具に沈み込まない分、肩幅分をそのまま支えなければいけなくなるので、枕の高さをかなり上げてやらないといけない場合が出てきます。
その場合、仰向け時と横向き時の枕の高さの差が大きくなるため、寝返りが難しい枕のかたちになってしまいます。
これを解消するには、敷寝具で肩を沈み込ませて仰向け時と横向き時の枕の高さの差を少なくする必要があります。
 
 連休中にお越しのお客様の中にも、硬いベッドマットレスをご使用で、横向き寝の時に肩が沈まない分、枕の高さを上げてやらないといけない方も結構おみえでした。
男性でしたら筋力があるので多少段差があっても寝返りはできる場合が多いのですが、女性の場合ですと段差がありすぎると寝返りができなくなり寝られない枕になってしまう場合もあります。
 
 その場合、敷寝具のご使用年数や状況をお伺いして、使用期間が長い場合は、マットレスのお買い替えのご提案をさせてもらう場合もありますが、買ってから3年位までですと、よっぽど体型的に合っていない場合を除いては、お買い替えご提案することもできません。
 
 そんな、敷寝具を替えたばかりで買い替えもできないけれども寝心地を何とかしたいという方には、現在お使いの敷寝具の上に敷くオーバーレイタイプをおすすめしております。
 
ボディマネージャー
 今回、一宮市からお越しのお客様におすすめさせていただいたのが、西川リビング社の「ボディーマネージャー・スリープサポートパッド」(税別20,000円)です。
見ての通り、部分ごとに色分けがしてありますが、左上から頭部、肩部、背中腰部、臀部、脚部のエリアごとに素材を変えてある敷オーバーレイパッドです。
 
 頭部と背中腰部は、クッション性と通気性に優れた無膜ウレタンを使用。
脚部にはポリエステルわたを入れ、やさしく脚の隙間を埋めてくれます。
 
スリープサポートパッド
 
 水色の部分、肩部と臀部はそれぞれメッシュ生地のみで少しへこんだかたちになります。
このへこみがあることにより、横向き寝の場合肩を落として仰向き寝との枕の段差を減らし、肩への圧力を軽減します。
また、仰向け寝の場合、臀部のへこみでお尻を落とし、腰の脚の隙間を埋めてくれます。
 
 ちょっとした段差やクッション性の違いで、寝心地は大きく変化します。
そのお客様にも、横向きの肩の楽さと仰向け寝の脚の楽さを気に入ってもらいご購入いただけました。
 
体型は主に6体型あります。 しかし、この「スリープサポートパッド」は、万人におすすめできるものではありません。
背中とお尻の出っ張りと腰や脚部のへこみがはっきりしている「Wラインタイプ」や「ヒップタイプ」の方しか、この形状には合いませんし、身長が高すぎたり低すぎる場合もフィットしません。
私達も、体型を確認してからでないとこの商品をおすすめしませんし、他の体型の方にはその体型に合わせた別の商品をご紹介することもあります。

 この「スリープサポートパッド」ですが、実はメーカー廃番商品で現在製造しておりません。
当店も完売前に多めに仕入れていましたが、残り10枚程になってしまいました。
廃番商品につき、在庫に関してはバーゲン価格で販売しておりますので、お近くお方でご興味のある方はお気軽にお問合せください。
 
 敷寝具自体がやわらか過ぎたりへたりが生じている場合は、敷寝具の上に敷き寝心地を改善するオーバーレイタイプは使用してもあまり効果が期待できない場合もあります。
 
 寝窓工房ユーキでは、体型データをもとに、睡眠時に負担をかけない最適な寝心地の枕や敷寝具をご提案しております。
体型測定や試し寝は無料なので、お気軽にお問合せください。
 
 ゴールデンウィーク期間は、「アツササキドリ夏得キャンペーン」開催中ですよ。
夏得キャンペーン

寝窓工房ユーキは愛知県江南市にあるオーダーメイド枕とマニフレックス、カーテンの専門店です。


名古屋市、一宮市、岩倉市、扶桑町、大口町、小牧市、岐阜県各務原市にお住まいの方、オーダーまくらを作るなら是非当店へお越しください。

ユーキの羽毛ふとんリフォーム
Twitter
話題一覧
予約カレンダー
2021年9月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2021年8月