店舗情報
ユーキへのアクセス
愛知県江南市高屋町清水101番地
(名鉄バス「病院線、体育館西」
停留所下車すぐ)

TEL(0587)
54-8110

お気軽にお問合せください。

営業時間AM10:00~PM7:30 水曜定休

店長 ありがとうございます。寝窓工房ユーキ店長田中です。
眠りやインテリアのこと何でもお気軽にお問合せください。お待ちしています!!
店長日記
wtp02
睡眠環境寝具指導士
睡眠改善カウンセラー
窓装飾プランナー

おすすめ商品(カーテン)

モノトーン系お部屋のアレンジ

 先日、江南市内でリフォームされたI様のお宅へカーテンを取り付けさせていただきました。

I様のお宅は、リビング、アイランド型キッチンとダイニングが1つの大きな空間でつながっており、白と濃いめのグレーのモノトーン調で統一されていました。
I様のご希望は、モノトーン調の部屋のイメージを損なわず、実用度も高く、ちょっと個性が出る感じということでした。
 
I様施工事例1
 リビングのベランダへ出る窓と、ダイニングの腰高窓はスクエアなイメージの装飾レールを取り付けて、シンプルなシルバーのラインの入ったミラーレースと黒の地に光沢のある白のロープ調の織り柄の入った生地をお選びいただきました。
 ベランダ窓は出入りのし易さ、ダイニングはメンテナンス(洗濯)のし易さから昇降タイプのローマンシェードを選ばず、通常のカーテンにしました。
カーテンは波状のヒダができるので夜明かりをつけたとき、ロープ調の柄の反射具合が微妙に変化して深みが増します。シンプルな無地でも良かったのですが、メインになる部分でしたので柄の入った生地をお選びいただきました。
 西側には、丁度目線辺りに横長の窓があり、そこは壁と同化させる方向で無地の遮光生地のロールスクリーンにしました。

I様施工事例2
 リビング部分の東側の壁は、他の壁と違い濃い目のグレーの壁紙をアクセントで貼ってあります。
真ん中にテレビを置く予定の左右の部分にある小窓には、調光ロールスクリーンを取り付けました。
この窓は、小さいですがリビングの目立つ所にあり、アクセントとして何か面白い物をつけることはできないかとお客様が一番頭を悩ました箇所になります。
 通常のロールスクリーン、調光ロールスクリーン(ターンアップスクリーン)、ダブルシェード、プリーツスクリーン等、色々候補が挙がりましたが、レースの機能も備えるもの、すっきりした見た目、光漏れも少なくということで、TOSOの調光ロールスクリーン「ラクーシュ」に決まりました。

ラクーシュ1
 一般的な調光ロールスクリーン(ターンアップスクリーン)は厚地生地とレース生地が縞状につながった生地を重ねることにより光を調節する構造ですが、どうしても2枚の生地の間に空間ができてしまうのでレース部分を隠した状態でも隙間から多少光の漏れがあります。
また、レース部分を出した場合でも半分は厚地生地部分が見えてしまっているので半分位しか光を取り入れることができません。
TOSOの調光ロールスクリーン「ラクーシュ」は、巻き上げや途中で止めるときには折りたたまれて1枚の生地のようになり、通常のロールスクリーンと同じようになります。

ラクーシュ2
 しかし、一番下までスクリーンを降ろすと、写真のように折りたたまれた生地が開き、レース部分が現れます。見た目的には横型ブラインドの羽根を開けた感じになります。
ウッドブラインドですとかなり圧迫感が出てしまいますし、アルミ系ブラインドですと冷たさがあります。調光ロールスクリーン「ラクーシュ」は、モノトーン調のモダンな雰囲気を壊すことなく、適度に柔らかさを出すことができました。

I様施工事例3
 1つの部屋の中で複数のスタイルが混じってしまうと統一感がなくなりバラバラな感じになってしまう場合も多々あります。今回は1つの部屋でカーテンとロールスクリーン、調光ロールスクリーンと3種類のスタイルを用いました。
今回の場合、窓のある方角、窓の大きさ、壁紙の色が違うのでメインでカーテン、アクセントで調光ロールスクリーン、ベース(目立たせない)でロールスクリーンをそれぞれ違う役割に分けてコーディネートしたことにより、全体の空間としてはまとまった感じになったのではないかと思います。

 I様この度は、当店ご利用いただき本当にありがとうございました。

吹き抜けの玄関窓

 台風一過、また夏の熱い日射しが戻ってきました。
本日取り付けにお伺いしましたお客様のお宅ですが、吹き抜けの玄関に南側上部にアーチ型のFIX窓、その下に上げ下げ窓があり、この季節は日射しが強くて玄関の中に熱がこもってしまうので何とかしたいということで、このようなかたちでご提案させていただきました。
アーチ型窓

どうしても昼間窓を撮る場合、外の明かりが強すぎてうまく撮影できません。下手な写真でご容赦ください。
アーチ型ブラインド
 上部の窓はアーチ型のFIX(はめ殺し)窓なので、この窓を隠すには、アーチ部分を無視して四角にロールスクリーンや、シェード、カーテンを窓枠外側に取り付けるという方法もありますが、せっかくのアーチ部分を生かしたいとうことでなくなりました。
アーチを見せる方法としては、アーチ状の窓枠内側にカーブレールを取り付け、デザインレースを取り付ける方法と、アーチタイプのブラインドを取り付ける方法があります。
今回は、日射しの調整が目的だったのでアーチ型ブラインド(タチカワブラインド・シルキーカーテン・アーチタイプ・遮熱スラット)を採用しました。アーチの半円部分は昇降はできませんが、羽根の回転により日射しの調整ができるようになりました。

レーザーカット仕様ロールスクリーン
 下の上げ下げ窓は、目線にも近くなるため見た目重視でブラインドではなくロールスクリーンを採用しました。只、単に無地ですとちょっとつまらないですし、プリント柄もあまり種類がないですので、レーザー光線でロールスクリーンの幕帯に穴を開けるレーザーカット仕様(TOSO・マイテックループ・レーザーカットタイプ)にしました。
カットされた模様の部分だけ光が漏れるので、昼や夜など部屋の外内の光の強さによって多様な見え方を楽しむことができます。
 また、窓の外側の先は道路なので、窓枠内下部にはミラーレースのカフェカーテンを取り付け、直接の目線を遮るようにしました。

 玄関にある窓場合、見た目(デザイン)重視で取り付ける場合が多いので、スタイルカーテンやカフェカーテン、ローマンシェード等が多いのですが、その窓が南側や西側にある場合は日射し対策も重要です。
今回のお客様も、冬は負を取り入れて暖かくしたいけど、夏場の熱気に毎年悩まされているということで、日射しの量を調整可能なブラインドとロールスクリーンをご提案させていただきました。
 当店では、間取りに合わせた色々な窓装飾のご提案をさせていただいていますので、お近くの方はお気軽にご相談ください。
 
 江南市B様、この度はお買い上げ賜り誠にありがとうございました。

シビラのカーテン(施工事例)

O様邸施工例
 3月末は、ご新築のカーテンが多くバタバタでしたが、2方に広い窓がありウッドデッキにつながる開放感のあるリビングの家や、庭へ通じる全開になる260cm幅の掃き出し窓がある家など、特徴のある施主様の思いのこもった家が多かったです。
そういう特徴のある間取りに合う窓周りのコーディネートをご提案しないといけないのは、(色柄やご予算の面で)なかなか難しいですね。でもこだわりのある方はイメージがはっきりしているのでおすすめしやすいところもあります(勉強不足でなかなかコレというのをご提案できない場合も多いですが・・・)。
 今回ご紹介させて頂きます江南市のO様邸も、英国風の外観と内装で、照明等細部においてもしっかりご自分達の好きな物を選ばれているとても素敵なお宅でした。
通常当店でカーテンをお選び頂く場合、各部屋ごとにお店で候補となる柄を数店選んでもらい、その柄を実際のお宅で柄合わせをさせて頂いていますが、O様のお宅に柄合わせにお伺いした時は、クロスも貼られておらず、床の養生もそのまま、まだ大工工事が終わっていない状況でしたので、柄合わせといっても単に見本生地を持って行っただけみたいになってしまいましたが、さすがというかこだわりを持っていらっしゃる方はそんな状況でもピッタリの柄を選ばれます。
我々ではどうしても無難な柄をおすすめしてしまうので個性的な部屋にはならないんですよね。
O様邸施工例
 リビングダイニングは、人気ブランド「シビラ」の最もポピュラーな柄「フローレス」。なかなかこの赤色が他では出せないんですよね。ちょっと柄がキツくなるかなと思いましたが、実際は部屋にとても良く合っていて素敵な空間になりました。レースは廣間外から部屋の中が見えにくい葉模様のミラーレースを合わせました。同じ「フローレス」柄のプリントレースもありますが、こういう柄のカーテンには白いレースがよく似合います。

25-4-2-7O様邸施工例
 ダイニングも家具や照明と良くマッチしています。シビラシリーズは2級遮光、形状記憶加工付きなので、光漏れも少なく、ウェーブかとても美しく出ます。

O様邸施工例
 リビングには直接2階へ登る階段があるのですが、夏場の熱気や特に冬場の冷気が侵入しないように間仕切りのロールスクリーンを取り付けました。あらかじめ設計段階で間仕切り用のボックスが作ってありましたのでスッキリ収めることができました。

O様邸施工例
 ロールスクリーンを下ろすとこんな感じです。

O様邸施工例
 寝室は、トラディショナルな織り柄で渋くまとめています。遮光の無地とかでもいいですけど、濃い色合いの生地に織り模様が浮き出て高級感がありますね。

O様邸施工例
 じつは、1面だけ壁紙を大胆なつた模様になっているのです。こちらの面にある縦長窓には、シンプルな無地のロールスクリーンを取り付けました。

25-4-2-5
O様邸施工例
 子供部屋も、女の子らしい淡いピンクの地に白のつた模様の入った壁紙とキラキラのシャンデリアがとてもかわいいお部屋でした。写真にはありませんが反対側の壁はやや濃いめのピンクの無地になっています。1面だけにアクセントになる色を持ってくるととてもお部屋が引き立ちます。
 カーテンは、アリス柄。レースも刺繍やスパンコールの入ったかわいい柄で、お姫様気分にさせてくれます。
 シンプルな無地調もいいけど、やっぱり子供部屋は子供らしい柄やインテリアがいいですね。

O様邸施工例
階段にある2連の小窓には、トルコレースのカフェカーテンを取り付けさせていただきました。何にも付けない時と雰囲気が全然変わりますよね。

 工期ギリギリまで終わらず、お引っ越しも近い中、ご無理言って撮影させて頂きました。
O様この度は本当にありがとうございました。

マンションのカーテン

 今回は岐阜のO様宅にカーテンをお届けに行ってきました。
O様宅は岐阜駅近くのマンションで、リビング全面に窓のあるお部屋です。
カーテン施工例25-2

 毎度毎度カメラが悪いのであまり高級感がないように見えますが、ジャカード織りのとても高級なカーテンなんです。
織りがしっかりしているので小花も浮き上がって見えて上品なお部屋にしてくれます。
25-2-3-3
 カーテンは、フランスのリヨン織物美術館コレクションの柄で、普天的な美しさと高級感があります。
また、天井から壁一面のカーテンなので、ウェーブも美しくなるように形状記憶加工がしてあります。
この柄で、ぴたっとウェーブが揃うと圧巻です。

25-2-3-2
 レースは分かりにくいてすが、斜め格子柄のシンプルなミラーレースカーテンを合わせて取り付けました。
ボイル調の柔らかい生地でも良かったのですが、実用度を重視しました。
厚地カーテンが細かめの柄なので、レースはあまり柄のないシンプルなものが合わせやすいですね。

 実際は本当に重厚感のある良い柄なんですが、いかんせん外からの光が強いのとカメラのせいで柄がはっきり分かりにくいですが、この位大きな窓にこのクラスの生地でカーテンを作るとやっぱり見栄えが違いますね。
O様も、毎日顔合わせて生活するのだから納得できる柄が欲しいと、数点の吊り見本を実際にお持ちしてお選びいただきました。
やはり、これくらい大きな窓の場合は実際に柄合わせをしないと、見本帳のちっちゃな写真では分からないですよね。
当店に掛かっている吊り見本でしたらいつでもお持ちいただけますので迷ったら是非柄合わせをしてみてください。家が答えを出してくれますよ。

O様この度はお買い上げ本当にありがとうございました。

和室にプリーツスクリーン

 最近のご新築物件の和室は、内障子のないタイプの部屋が多くなっているようですね。
障子は和の雰囲気にはピッタリなのですが、閉じると全体的に暗くなってしまうし、夜も外に光がかなり漏れたり開けるとレースがないので丸見えになるということで、和室自体も減ってはきているのですが内障子を取り付けない和室はそんなに見かけなくなりました。

 障子がない和室の窓には通常カーテンを取り付けますが、やはりカーテンを掛けると和室という雰囲気がなくなってしまうので、障子に代わるものとして「プリーツスクリーン」なるものが登場しました。
「プリーツスクリーン」は、蛇腹状にギザギザに折り目をつけた生地を昇降させるというもので、和室には和紙や和紙調の生地を使ったタイプをよく使用します。
「プリーツスクリーン」自体は十年以上前から販売はされていましたが、この地方ですと東〇住建の建て売り住宅の和室に6~7年前から使われはじめたりと、ここ数年で一般にも認知されるようになってきました。

 今回ご紹介させて頂くのは、江南市のT様邸の和室です。
T様邸は、超モダンな作りでご主人が黒にこだわったということで、和室もグレーの畳に壁の一面はダークグレーの壁紙が貼ってあります。
T様邸プリーツスクリーン
窓は、パティオスペースに抜ける大きな掃き出し窓と、外に面した円形のFIX窓があり、掃き出し窓にはペアタイプ、円形窓にはシングルタイプをそれぞれ取り付けさせて頂きました。
生地は和紙調の不織布タイプで、ギンネズというややくすんだ銀色の無地をお選びになられました。レースは適度にムラのあるやや紫がかった淡いグレーの生地をお選びになられました。
プリーツスクリーンペアタイプ
 プリーツスクリーンのペアタイプは、厚地生地とレース生地を上部下部と分け、仕切りを昇降させることによって、下部生地のみ、上部生地のみ、その中間というふうに切り替えができます。また全体的にも昇降が可能です。
写真は切り替え位置を中間にして、下部を上げた状態です。カーテンのようにレース、厚地、何もない状態の3通りの採光調節が可能です。
 また、プリーツスクリーンのペアタイプだけの特徴として、下部を厚地生地で上部をレース生地にした場合、切り替え位置の調整で、下部の厚地生地で外からの視線を遮り、上部のレース部分で採光を行うということが可能です。これはロールスクリーンやブラインド等他のメカではできないことです。

 窓枠内に納めるとスッキリした部屋になり、部屋も広く感じられます。プリーツスクリーンペアタイプの欠点としては、2種類の生地を畳むことになるので畳上げた場合に厚みが出るのということと、洗濯ができない、生地の取替ができないということがあります。
円形窓に取り付け
 円形窓の場合、円形にピッタリ納めることは、ブラインド以外できません。ブラインドも昇降操作ができず羽根の回転による調光のみとなります。
ですので、円形窓の場合も普通の窓のように四角に取り付けるしかありません。今回は、和紙調生地でシンプルなシングルタイプのプリーツスクリーンを取り付けました。
そんなに遮光率の悪くない生地なのですが、丁度直接日光があたる時間帯だったのでかなり光が入っているような写真ですが、実際はそんなにまぶしいとかはありません。
逆に円形に入ってきた光が透けますのでなかなかいい雰囲気になります。夜も外から見ても円形にぼんやり光が漏れる感じがおしゃれですね。
円というのは昔から和のテイストには良く使われていましたので、こういう円形窓も和室にはいいですね。

 今回も、もっさい携帯カメラの画像なのであまり雰囲気が良く分からないかもしれませんが、まさにモダン和という感じでプリーツスクリーンがピッタリ合っていました。
夜の雰囲気も銀色の生地が光を反射して部屋によくマッチしていました。
T様この度は当店をご利用頂き誠にありがとうございました。

 プリーツスクリーンは和紙調の生地だけではなく、普通の布地もございます。ブラインドと同じで前後に膨らむことがないので奥行きの少ない窓の窓枠内取付や、小窓にも最適です。
正直洋間では使わない事が多いですが、案外お部屋がスッキリまとまりますよ。是非ご利用ください。

寝窓工房ユーキは愛知県江南市にあるオーダーメイド枕とマニフレックス、カーテンの専門店です。


名古屋市、一宮市、岩倉市、扶桑町、大口町、小牧市、岐阜県各務原市にお住まいの方、オーダーまくらを作るなら是非当店へお越しください。

眠りが変わるオーダーまくら(動画)
営業日カレンダー
  • 今月(2018年11月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    翌月(2018年12月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)
by TakahiroTanaka